2015年09月30日

のぼり旗の通販にかかるコスト

店頭に彩りを添えるのぼり旗は、主に商業施設などに用いられることが多く、
それを見た人に対しての宣伝効果やアピール度が優れています。

もしのぼり旗が存在しなければ、殺風景な感じがしますので、
有るのと無いのでは売り上げにも影響を与える可能性もあります。

以前はのぼり旗の制作は実店舗で旗差し物一式を扱う専門店に依頼する方法が
主流でありましたが、現在は通販による方法で専用の印刷機を用いて
制作することも可能となっています。

速くて綺麗で、しかも格安でのぼり旗が作れるので、多くの法人でも
通販で制作してもらう流れが起きています。

通販による方法でののぼり旗にかかるコストは印刷代と生地代がかかり、
これについては一枚単位で合わせた金額が設定されます。

それに枚数分を掛けた費用がかかり、もちろん大きさ、写真印刷などにより
金額の違いが生じる場合もあります。

またデザインデータには自分の手で作成して入稿する場合は
制作費が一切かかりませんが、デザインデータそのものの制作を依頼する場合には、
その依頼するための費用が別途かかります。

その他に通販では郵送を行う必要があるため、その郵送料が必要となります。
店舗によっては何枚以上や幾ら以上の場合は、郵送料を無料とするキャンペーンを
行っていたりすることもあります。

しかもまとめて制作する場合には割引が発生することもあります。
多くの場合では幾らかかるかの見積もりの金額が提示されますので、
予算に合わせて制作が可能です。

なお決済方法も幾つか選択することができますが、決済方法によっては
手数料が発生する方法もあるため、その手数料を注意する必要があります。
sponsored link
posted by のぼりに詳しい at 16:43 | Comment(0) | のぼり旗の制作