2015年10月23日

のぼり旗を通販する際の注意点

便利なのぼり旗の通販には、注意点も存在しています。
特に通販で気をつけておきたいのは、のぼり旗のデザインについてです。

のぼり旗のデザインは、なるべく目立つものを選ばなければいけません。
派手な色を使ったり文字を大きくしたりして、道行く人の目に入るようにしましょう。

ただし、デザインは背景の色と文字の色の組み合わせにも、通販では注意です。
同系色を組み合わせてしまうと、書いてある内容が一目で分かりません。

そのため、のぼり旗の効果も半減してしまいます。
また、デザインでは暗い色を多用してしまうと、照明の当たらないところでは目立たなくなります。

基本的に明るい色を使いながら、メリハリのある組み合わせにすると、
通販で購入しても失敗しません。

写真をのぼり旗に印刷するなら、色遣いや光沢に気をつけましょう。
のぼり旗に印刷された写真は、全体の色遣いや光沢によって印象が変わってきます。

売りたい商品の魅力も変わってくるので、通販でデザインを決めるときには、
非常に重要な注意点の一つです。

のぼり旗を通販で購入するときの注意点は、デザイン以外にもあります。
価格や納期の比較もその一つで、必ず比べてからのぼり旗を購入する通販を決めましょう。

比較せずに決めてしまうと、コストが高くなってしまったり、届くまで
時間がかかってしまいます。

少しでも経費を削減するために、無駄に時間をかけないためにも、
通販の価格や納期は必ず比較して下さい。

sponsored link
posted by のぼりに詳しい at 12:36 | Comment(0) | のぼり旗の制作

2015年10月16日

通販でオリジナルののぼり旗を購入するには

のぼり旗を販売している通販サイトでは、オリジナルデザインで
注文することもできます。

店舗や企業のオリジナルデザインなら、既製のデザインを使ったのぼり旗より
人々の目に留まりやすいです。

集客力のアップを見込めるので、のぼり旗を通販で購入するなら、
店舗や企業独自のデザインにしたいところでしょう。

オリジナルデザインで購入するには、まずのぼり旗のデザインデータを
作成する必要があります。

デザインのデータを作成したら、通販サイトの注文画面から送信して入稿するだけです。
デザインソフトが手元にない、使いこなせない場合は、ワープロや
表計算ソフトを使っても構いません。

手書きで書いた紙をスキャンして送信しても良いですし、
ラフスケッチでも対応することができます。

作成したデザインも、最初から完璧に仕上げる必要もありません。
注文を受けた通販サイトが、イメージから正式なデザインを書き起こしてくれます。

通販サイトがのぼり旗の制作を始める前に見本を見せてくれるので、
納得のいくまでやり取りをしましょう。

独自のデザインを考えられない場合は、通販サイトが用意しているデザインを使って、
のぼり旗を作ることができます。

基本的なデザインは通販サイトのデザインを使い、店名や社名を変えたり
キャッチコピーを入れるだけなら、気軽にのぼり旗を購入することができるでしょう。

のぼり旗の通販サイトは、幅広いニーズとデザインに対応することができます。
sponsored link
posted by のぼりに詳しい at 13:20 | Comment(0) | のぼり旗の制作

2015年09月30日

のぼり旗の通販にかかるコスト

店頭に彩りを添えるのぼり旗は、主に商業施設などに用いられることが多く、
それを見た人に対しての宣伝効果やアピール度が優れています。

もしのぼり旗が存在しなければ、殺風景な感じがしますので、
有るのと無いのでは売り上げにも影響を与える可能性もあります。

以前はのぼり旗の制作は実店舗で旗差し物一式を扱う専門店に依頼する方法が
主流でありましたが、現在は通販による方法で専用の印刷機を用いて
制作することも可能となっています。

速くて綺麗で、しかも格安でのぼり旗が作れるので、多くの法人でも
通販で制作してもらう流れが起きています。

通販による方法でののぼり旗にかかるコストは印刷代と生地代がかかり、
これについては一枚単位で合わせた金額が設定されます。

それに枚数分を掛けた費用がかかり、もちろん大きさ、写真印刷などにより
金額の違いが生じる場合もあります。

またデザインデータには自分の手で作成して入稿する場合は
制作費が一切かかりませんが、デザインデータそのものの制作を依頼する場合には、
その依頼するための費用が別途かかります。

その他に通販では郵送を行う必要があるため、その郵送料が必要となります。
店舗によっては何枚以上や幾ら以上の場合は、郵送料を無料とするキャンペーンを
行っていたりすることもあります。

しかもまとめて制作する場合には割引が発生することもあります。
多くの場合では幾らかかるかの見積もりの金額が提示されますので、
予算に合わせて制作が可能です。

なお決済方法も幾つか選択することができますが、決済方法によっては
手数料が発生する方法もあるため、その手数料を注意する必要があります。
sponsored link
posted by のぼりに詳しい at 16:43 | Comment(0) | のぼり旗の制作